薪ストーブのメリットとデメリットについて

rapture_20140303115400

薪ストーブは、住宅の中で「炎」を楽しむことができ、料理方法の幅も広がります。

薪ストーブのある生活を夢に見ている人も多いと思いますが、必ずしも良い面ばかりではありません。

ここでは、薪ストーブのメリットとデメリットについて考えてみたいと思います。

1.薪ストーブのデメリットについて

rapture_20140303115846

まず最初は、薪ストーブのマイナス面、デメリットについて考えてみます。

薪ストーブのデメリットとして考えられるのは、

1.初期費用の問題
2.薪の調達に関する問題
3.設置できない住宅がある問題

の3つの問題です。

まず、他のストーブと異なり、初期費用として

・ストーブ本体 20~50万円
・煙突      50~60万円
・工事費用   20万円~

などがかかり、最低でも100万円の出費を覚悟しなくてはなりません。

また、十分な量の薪を確保できる場合はいいですが、すべて購入するとなると、

1日あたり1000円以上

の薪の燃料代が発生します。

そして、マンションや煙突を取り付けることが困難な住宅の場合は、薪ストーブの設置ができないこともあります。

必ずしも設置できるわけではないこと、初期費用が多くかかってしまうことが、薪ストーブのデメリットと考えられます。

2.薪ストーブのメリットについて

rapture_20140303115605

しかし、それでも薪ストーブがほしくなるのは、

1.1台で家全体を暖めることができる
2.調理方法の幅が広がる
3.炎を楽しむ至福の時を過ごせる

などの魅力があるからです。

鋳物製の薪ストーブなら、遠赤外線効果も大きく期待でき、体の芯から温まる、とても心地よい生活が送れるようになります。

また、オーブンで煮込み料理やピザなども楽しむことができ、家族の笑顔が増えるのも大きな魅力です。

そして、意外と知られていないメリットに、

住宅内の空気がきれいになる

というものがあります。

薪ストーブは、住宅内の空気を取り込み、その酸素を使って薪を燃やします。

住宅内の空気が自然に循環するようになり、常にきれいな空気の中で生活できるようになります。

このように、薪ストーブには、良い面・悪い面とありますが、それでも購入者が増えているのは、デメリットを上回るメリットが大きいことが理由なのだと考えられます。

  

free space